Doorkeeper

進化を続けるメモリファースト型JSONデータベースCouchbaseの最新動向

2021-04-21(水)15:00 - 16:30
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

7人の参加者

すべて見る
3人のアカウント非公開の参加者

詳細

マイクロサービス等最新技術動向を反映、RDBからの移行はよりスムーズに


DX推進によるIoT/モバイルシステムで求められるDBのパフォーマンスや柔軟性

多くの先進的企業において、RDB以外の(NoSQLと呼ばれる)データベースは、既に広く浸透活用され、選択肢の一つとして定着しています。
その理由として、高いパフォーマンスやスケール柔軟性、データ構造やアプリケーション要件の変更に柔軟に対応できることが挙げられます。

特にJSONデータベースは、データ構造の自由度、変更の柔軟性を持ち、変化の激しい現在のビジネス環境で要求される頻繁なアプリケーション・リリースサイクルに対応できるため、様々なデータベースの中でも特にメリットが高いデータベースといえます。

「Couchbase」は、他のNoSQL / JSONデータベースとは異なる特長をもつ

CouchbaseはNoSQL及びJSONデータベースの中でも、他とは異なる大きな特徴があります。

●メモリファースト型ハイパフォーマンス
メモリファーストアーキテクチャを持つ分散型NoSQLデータベース 「Couchbase Server」は、「柔軟なデータモデル」、「容易なスケール」、「一貫した高可用性」等の特徴をもち、低遅延かつ高持続スループットで key-value またはJSONドキュメントへのSQLアクセスを実現できるよう設計されています。

●モバイルに対応したプロダクト
モバイル等に組み込み可能な軽量NoSQLの「Couchbase Lite」とWeb経由でデータアクセスが可能なAPIゲートウェイの「Sync Gateway」を有し、Couchbase Server(コア・データベース)とCouchbase Lite(モバイル・データべース)の双方向データ同期やデータ統合管理も可能です。

●JSON形式データに対して、SQL言語を使用できる「N1QL」
オープンスタンダードに基づいて構築された Couchbase は、NoSQLの優れた機能とSQLの使いやすさを組み合わせて、メインフレームデータベースとリレーショナルデータベースからの移行を簡素化することができ、JSONデータベースの採用における教育コストや開発期間の軽減が可能です。

そして、今夏リリース予定の最新「Couchbase 7.0」の新機能で更なる進化を遂げる!?

本セミナーでは、現在の「Couchbase」の特長や機能を解説し、最新「Couchbase 7.0」に加わる新たな機能とそのメリットについてご紹介します。

プログラム

メモリファースト型JSONデータベース「Couchbase」とは?

株式会社スマートスタイル データベース&クラウド事業部
技術部 高島 修

2021年現在のCouchbase最新動向

Couchbase, Inc – Solutions Engineer 河野 泰幸

※ セッション内容は予告なく変更される場合がございます、ご了承ください。

開催情報

  • 日時:2021年4月21日(水) 15:00-16:30


▽こちらからもお申込みできます
https://blog.s-style.co.jp/2021/03/7410/


【セミナーのお問合せ】
marketing@s-style.co.jp

コミュニティについて

Japan Couchbase Users Group

Japan Couchbase Users Group

Japan Couchbase Users Group(日本Couchbaseユーザー会)は、ドキュメント型NoSQLデータベースであるCouchbase ServerやモバイルソリューションCouchbase Liteについて学んだり意見交換をすることができるコミュニティです。 拡張が簡単で、高性能、高い耐障害性を持つ、ドキュメント型/KVS型NoSQLデータベースCouchbaseやC...

メンバーになる